伏見城



伏見城の歴史を訪ねる。
P1000991.JPG



伏見桃山城
P1010004.JPG


大手門
P1010003.JPG


天守閣
P1000997.JPG



P1000995.JPG


伏見桃山城案内図
P1000990.JPG




伏見城
通称: 桃山城、指月城、木幡山城

城郭構造: 梯郭式平山城

天守構造: 不明(指月山・1592年築)

(木幡山・1596年築/1601年再)

複合式望楼型5重6階:(RC造模擬・1964年築)

築城主: 豊臣秀吉

築城年: 1592年(文禄元年)

主な改修者: 徳川家康

主な城主: 豊臣氏、徳川氏

廃城年: 1623年(元和9年)

遺構: 移築門、石垣、堀

指定文化財: 伏見桃山陵が宮内庁治定

再建造物: 模擬天守



伏見城
築城開始から2年後の1594年(文禄3年)に秀吉が入城し、更にその2年後の1596年

(慶長元年)に完成をみるが、その直後に慶長伏見地震によって倒壊した。

このため、指月山から北東約1kmの木幡山に新たな城が築き直されることになり、

翌1597年(慶長2年)に完成した。しかし、秀吉はその2年後の1598年(慶長3年)

に城内で没した。




日本の「城」巡りTOP



posted by oobabasun at 08:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。